入管手続き

入管手続き

退去強制させられる場合とは

違反調査 違反調査とは、 入国警備官が退去強制事由の存否について行われる調査です。 この後、・出国命令対象者なら出向命令書が交付され、・出国命令対象出ない場合は収容、審査が行われ、退去強制令書の発付、執行の手順で進んでいきます...
入管手続き

不法在留の状況 令和元年7月1日時点でベトナム国籍がワースト1位になりました

国籍・地域別 不法残留者数 平成31年1月1日時点では韓国がワーストだったのですが、令和元年ではベトナムがワーストとなりました。 ベトナムの不法残留の内訳は技能実習が一番多く、次に留学の資格が多くなっています。韓国はほとんどが...
入管手続き

留学生の在留審査が厳しくなります

留学⽣の在留審査を厳格化  上記の記事が2/9日経新聞に掲載されました。 出⼊国在留管理庁(⼊管庁)は⽇本への留学を希望する外国⼈の在留審査を2020年4月以降厳格化する。約30年ぶりの⼤幅な審査変更となる。 出稼ぎ目...
入管手続き

再入国許可とは

日本に在留している外国人が一時的に出国する場合 日本に在留する外国人が一時的に出国し、期限内に再入国使用とする場合、事前に再入国許可を得ていれば出国中でも在留が継続しているものと扱われます。 この再入国許可を得ずに出国した場合...
入管手続き

在留資格取得許可

国内で外国人として出生した場合 日本で外国人として出生した子や日本国籍を離脱した者などが、引き続き日本に在留することを希望する場合、事由が生じた日から30日以内に「在留資格取得許可申請」し、許可が下りれば在留資格を取得できます。 ...
入管手続き

永住許可とは

永住許可を取得するには 「永住許可」は素行が善良であり、孤立の生計を営むに足る資産または技能(これを、独立生計維持能力といいます)を有し、かつ、その者の永住が日本国の利益になると法務大臣に認められなければなりません。 日本人、...
入管手続き

在留資格の変更

転職したら在留資格変更が必要です 在留中に在留目的が変わり、現に有する在留資格とは違う在留資格が必要となる場合、在留資格の変更申請しなければなりません。 例えば、転職によって違う在留資格に該当する活動をする場合、留学生が大学を卒業し、...
2020.01.27
入管手続き

在留資格の資格外活動許可とは

資格外活動があると 別表第1の在留資格の外国人は有する資格に属しない就労活動を行うことはできませんが、「資格外活動許可」があれば、就労が認められます。 (個別許可) ①雇用主である企業等の名称,所在地及び業務内容等を個別に指定する場合。 ...
2019.09.20
入管手続き

在留期間の更新

在留期限が到来する前に申請を行う外国人が地方入国管理局に自ら出頭して更新の申請をしなければなりません。 ただし、「申請取次ぎ」ができる行政書士、弁護士を通して申請する場合は、本人出頭は要しません。 必要書類 ・申請書 ・写真...
2019.09.07
入管手続き

在留カード

中長期在留者に交付されます。 「中長期在留者」とは、3ヶ月以下の在留期間が決定された者、「短期滞在」の資格の者、「外交」または「公用」の資格の者およびこれらに準ずる者以外の者をいいます。 ○中長期在留者は在留カードを常に携帯しな...
タイトルとURLをコピーしました