株式会社と合同会社の比較

会社設立

株式会社と合同会社の比較

会社設立について投稿を始めます。
まずは、会社設立で案件が多い、株式会社および合同会社についての比較です。

  株式会社 合同会社
出資者 一人以上 ←同じ
出資金 1円以上
出資者責任 間接有限責任
必須機関 株主総会と取締役 制約なし
役員 取締役1名以上 出資者
役員任期 最長10年 制約なし
意思決定機関 株主総会 出資者
執行機関 取締役、取締役会 出資者
法規制 多い 定款自治
決算公告 不要
利益分配 出資額に応じて 自由
設立費用 24.2万円~
(電子定款なら-4万円 )
10万円~
(電子定款なら-4万円)
登記費用 削減可
対外認知度

 

株式会社と合同会社、どちらにしましょうか?

上記の比較表からわかると思いますが、対外認知度が低い点を除けば、「合同会社」の方が運営しやすくなっています。

設立費用(登録免許税、定款認証費用など)もかなり抑えられます。
また、決算公告義務がないのでこの費用も抑えられます。(通常税理士に依頼することが多い)

一方、合同会社の弱点は「知名度、信頼性がかなり低い」点です。
一般的に合同会社という会社形態が知られていませんので、怪しい会社だと思われるリスクがあります。(大手の合同会社としてSEIYUがあります)

店舗を持ち、店舗名を前面に出している事業者(飲食店や美容室など)の方は会社名が出てくることはあまりないので、「合同会社」も検討の価値はあるかと思います。

タイトルとURLをコピーしました