不法在留の状況 令和元年7月1日時点でベトナム国籍がワースト1位になりました

入管手続き

国籍・地域別 不法残留者数

平成31年1月1日時点では韓国がワーストだったのですが、令和元年ではベトナムがワーストとなりました。

ベトナムの不法残留の内訳は技能実習が一番多く、次に留学の資格が多くなっています。
韓国はほとんどが短期滞在の資格での不法残留となっています。

    在留資格
国籍・地域 総数 技能実習 特定活動 留学 日本人の配偶者等 その他
総数 79,013 10,855 5,346 4,807 2,782 5,322
ベトナム  13,325 7,187 1,748 3,161 14 406
韓国 12,663 38 151 233 254
中国 10,822 2,635 363 1,016 436 955
タイ 8,040 133 39 10 210 91
フィリピン 5,837 144 638 15 934 1,634
インドネシア 3,954 607 1,071 44 57 83
台湾 3,753 15 4 10 35
マレーシア 1,848 –       7 14 16
スリランカ 1,029 6 264 123 20 76
シンガポール 1,004 1 3
その他 16,738 143 1,169 276 851 1,772

在留資格別 不法残留者数

在留資格別 不法残留者数の割合(出入国在留管理庁 発表)
タイトルとURLをコピーしました