アルコール除菌、マスクなどの補助金 新宿区の「おもてなし店舗支援」

給付金・協力金

新宿区内の事業者限定ですが、アルコール消毒液、マスク、アクリル板などの購入、設置費用の補助金があります。
まだあまり知られていないようですが、ほとんどの中小企業、店舗で必要な備品の補助ですので活用しないと損だと思います。

細はこちら

対象者 新宿区内の事業者向けです

  • 中小企業者・個人事業主であって、区内で飲食業、小売業、サービス業のいずれかの業種の店舗を営んでおり、引き続き5年以上営業する意思があること。
  • 法人の場合・・・法人税(事業税・都民税)を滞納していないこと
  • 個人の場合・・・事業税、住民税を滞納していないこと
  • 飲食業、小売業、サービス業を営む者・・・営業に際し、許認可が必要な場合は、当該許認可を取得している者

対象となる経費、みなさんいろいろと購入している物も対象です

〇感染症拡大防止対策として
・消毒備品等の購入費
・ゴム手袋、マスク等の購入費
・非接触型体温計購入費
・アクリル板設置費
・ビニールカーテン設置費
・その他、特に必要かつ適当と認める経費

〇業態転換として
・チラシ等の印刷物制作費
 ・看板、のぼり等の制作費
・広告掲載費
 ・梱包、包装資材等の購入費
 ・その他、特に必要かつ適当と認める経費

補助金額は5万円まで

上記の経費のうち5万円まで100%補助金が出ます。
5万円を超える分は申請者の負担です。

【新宿区の粋な補助金!】
アルコール消毒液、マスクといえば今や必須アイテムではないでしょうか。
ひとつひとつはそれほど高価ではないかも知れませんが、できるだけまとめて購入しておきたいですね。(置き場所があれば)
他の補助金、給付金に比べれば金額は小さいですが、でもとてもありがたい補助金と思っています。
ぜひ「粋な補助金」を申請してください!

【注意していただきたい点】
感染症拡大防止対策で購入する物によっては、品薄、数量限定となっているものが多くなっています。
そのため、購入は早めに行ってください。
申請の期限は令和3年1月末ですが、それまでに購入、支払、領収書を取得していなければなりませんので。

【新宿区ではまだ粋な補助金があります!】
それは「専門家活用支援事業」の補助金です。
上記の「おもてなし店舗支援」でも同様ですが、納税証明書などを取得しなければなりません。
都税事務所や区役所に行ったり、申請書を作成したりするのがやや面倒と思われる場合は、行政書士を利用してください。
費用はかかってしまいますが、その費用をこの「専門家活用支援事業」が負担してくれますので、ほぼゼロ(依頼する行政書士によります)になると思われます。
ぜひ「専門家活用支援事業」の併用も検討してください。

タイトルとURLをコピーしました