建設キャリアアップシステム(CCUS)のメリット、デメリット

建設業許可

メリット 技能者の処遇改善

CCUS登録を行い、日々カードをタッチすることで経験(就業日数)、知識・技能(保有資格)、マネジメント能力(登録基幹技能者講習・職長経験)がシステムに蓄積されます。

・これらの就業履歴や保有資格を活用し、技能者をレベル分けする能力評価基準を検討(レベルに応じてキャリアアップカードを色分け)
・技能者の能力評価と連動した専門工事企業の施工能力等の見える化も進め、良い職人を育て、雇用する専門工事企業が選ばれる環境を整備

これらを通じて技能者の処遇改善を図ったいます。
また、レベルの高いカード保有者を雇用していれば、取引先、顧客に技術レベルをアピールすることもできます。

メリット 現場管理の効率化

一人ひとりの社会保険加入状況等の見える化

現場に入場する技能者一人ひとりについて、社会保険の加入状況等がシステム上で簡単に確認可能となります。

書類作成の簡素化

システム上でそれぞれの業者が施工体制を登録することで施工体制台帳や作業員名簿
が自動作成できるようになります。
また、登録済みの情報については、入力作業も大幅に省くことができます。

建退共関係事務の効率化

技能者に証紙を交付する際の証紙請求・交付作業が軽減されます。
将来的にはカードタッチだけで証紙の代わりに就労実績が電子的に蓄積される予定です。

その他に、
・適正な評価、待遇が期待できる事業者となり、人材(特に若手)を確保しやすくなる
・経営事項審査の点数アップにつながる
などのメリットもあります。

一方、
・外国人の特定技能者を雇用する場合は必須
・将来。大手事業者からの下請けで要求される可能性がある
などで登録しなければならない場合もあります。

建設キャリアアップシステム(CCUS)のデメリット

  • CCUS登録がかなり面倒
  • 元請業者はカードリーダーを設置する必要がある
  • 優秀な人材が引き抜かれる懸念
  • 登録料や利用料がかかる(比較的安価だが)

CCUS登録をしてみれば分かりますが、かなり面倒な作業となります。
しかし登録後のメリット、将来義務化?を考えれば、時間を見つけて登録すべきと考えています。
面倒なことは行政書士に丸投げする手もあります。

人材の引き抜き懸念ですが、技術者の全ての情報が外部に公開されるわけありませんのでそれほど気にすることはないと思われます。
逆に公開して技術者のレベルをアピールすることもできますが。

以上

タイトルとURLをコピーしました