建設業法の目的

建設業許可

建設業許可の要件について、今後説明していこうと思っています。
建設業許可の制度では「建設業法」がベースとなっていますので、その法律の目的は大きく分けて2つあります。

一つは、適正な施工を実現させ、発注者の保護を図ることです。そのために建設業を営む者の資質の向上を図るため、具体的な方策として建設業の許可制があります。
もう一つは、建設業の健全な発達促進です。そのために、建設工事の請負契約の適正化を図っています。

これらの目的達成するための許可申請について投稿していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました