建築業の一式工事とは

建設業許可

業種の中で、「土木一式工事」「建築一式工事」がありますが、この一式の許可があれば、包括的に他の専門工事を行うことができるわけではありません。

一式とは原則として元請け業者の立場で総合的な企画、指導、調整の元に土木工事、建設工事を行い、複数の下請け業者による大規模かつ複雑な工事のことです。

一式工事の許可があっても、500万円以上の専門工事を請け負う場合は、その業種の許可が必要です。一式があるから、何でもできると勘違いしている業者さんがとても多いのが現状です!(もしかして、行政書士も?)

コメント

タイトルとURLをコピーしました