相続人の調査に必要な書類

相続手続き

通常は以下の書類が必要です

  1. 被相続人の戸籍の附票または住民票の除票
     被相続人の最後の住所地を確認するため
  2. 相続人の現在の戸籍・附票(または住民票)
    相続人の存命を確認するため
    附票(または住民票)は相続人の現住所の確認のため

<兄弟姉妹が相続人になる場合>
被相続人の“両親”の死亡から出生まで遡った戸籍
  被相続人の兄弟姉妹(異父母兄弟含む)を特定するため

<その他>
・廃棄証明
戸籍の附票・住民票の除票が保存期間経過で取得出来ない場合に、「最後の住所が確定できない」ことを説明するため

 

<参考:戸籍取得のおおよその手数料(自治体により異なる場合あり)>

・戸籍(全部事項証明・個人事項証明)      450円
・戸籍の一部事項証明      350円
・戸籍の附票(全部証明・一部証明)          300円
・除籍(謄本・抄本)、改製原戸籍(謄本・抄本)     750円
・除籍・改製原戸籍記載事項証明                 450円
・身分証明書、不在籍証明書          300円

自治体に郵便で請求する場合は郵便小為替で支払う

相続手続き、遺言書作成なら
相続遺言アシスト@東京・練馬

コメント

タイトルとURLをコピーしました